ルチルクォーツ

8周年
ご注文の流れ よくある質問 ルチルクォーツの
偽物に注意
当ショップの仕入れ基準
と価格設定基準
当店のルチルの
グレードについて
会社概要
HOME
カートを見る 商標登録出願中
プレミアムクラスのルチルクォーツ
対面販売
店長写真
会員様専用ログイン

チャームプレゼント
売り切れ済み商品一覧

グリーンファントム
偽物
28日はルチルの日 お客様の声
取り扱い商品 価格帯で選ぶ ショッピングカートを見る
お問い合わせについて
些細なこと結構です。以下からお気軽にお問い合せくださいませ。
お問い合わせ




インスタグラムページへ




世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
売上の一部をワールド・ビジョン・
ジャパンに寄付しています。

【最高峰の中の最高峰】プレミアムS jí(ジン)タイチンルチルクォーツ 20mm〜20.5mm玉 ブレスレット(型番spfr000)[手首サイズ19cm]










プレミアムポイント

1)20mmを超える大玉であること
2)透明度が抜群であること
3)水晶がクリアであり、ルチルクォーツ特有のスモーキー色の珠が無いこと
(水晶ベースの珠だけで集めていること)
4)極太のルチルだけでブレスレットを組み上げたこと
全ての珠が、タイチン(太針)よりもさらに太い、jí(ジン)タイチン(極太針)になっている
5)jí(ジン)タイチンになっていることで、光が強く反射し、ギラギラとした輝きを放つこと
6)このブレスレットを組み上げる為に、工場で一粒ずつ特別なオーダーが出来た事
7)1〜6のプレミアムポイントを満たすことが、今後不可能に近い事

ルチルクォーツの原石の多くは、水晶部分の色がスモーキーになっています。

上の画像の原石をご覧になっていただけるとわかるかと思いますが、スモーキーになっていると思います。

今回のブレスレットは、水晶部分が無色透明な原石からしか作り出すことが出来ない珠のみで製作したブレスレットです。
比較的小さめなブレスレットでさえ、無色透明な珠で揃えたブレスレットを製作するのが難しい中、今回のブレスレットは20mmを超えた大玉であり、ここまで水晶部分が無色透明ということが希少で評価に値しています。
この無色透明な水晶の中に、ゴールドタイチンルチルが入っている珠だけで揃える事は、本当に大変です。また、色味が揃っている事により、上品で高級感のあるブレスレットに仕上がっています。

中国ではタイチン(太針)ルチルクォーツよりも更に太いタイチンルチルクォーツを指して、ジンタイチン(极太针jítàiZhēn)ルチルクォーツと呼んでいます。
极太针を日本語で翻訳すると『極太針』という読み方になります。まさに今回のプレミアムはこのジンタイチンルチルクォーツになります。

ジンタイチンルチルクォーツは、ルチルクォーツの最高峰に位置する品質です。産出量が極めて少なく、中国では大富豪の象徴の石として中国人富裕層に優先的に買い付けられてしまう為、通常の買い付けルートでの入手は不可能です。

では何故、当店でこの超希少なジンタイチンルチルクォーツを入手できているのか理由をご説明いたしますと、ルチルクォーツを加工している工場と提携している事にあります。
広大な国土面積を誇る中国の中から、ルチルクォーツを加工している工場を見つけ出すことは困難ですが、長年の中国買い付けを通じて、偶然工場のオーナーの方と知り合う機会が出来ました。
そこから良好な関係を築いていき、5年目の付き合いにして、出荷前のルチルクォーツを優先して見せてもらう事ができたからです。

ですが、こちらのブレスレットは、組み上がっているものを見せてもらい買い付けて来た訳ではなく、当店で、これまで最高峰ルチルクォーツブレスレットとしてご紹介していたブレスレットが旅立ち、その後継となる20mmサイズのブレスレットを製作する為、加工工場に一珠ずつ特別なオーダーで依頼して、作り上げていったブレスレットになります。

日本で、これまで誰も見た事がないような、最高峰ルチルクォーツブレスレットを誕生させたいという強い思いがあり、無理を言って一珠ずつ特別なオーダーで揃えていきました。

今後、このブレスレットと同等のもの、もしくはそれ以上のものを作り上げることは不可能だと思っています。

2018年の旧正月明けから、ルチルクォーツの原石にも採掘規制がかかってしまったという情報を提携の工場から入手しており、6月の買い付けでの現状として、ルチルクォーツの価格は急上昇しております。
当然ですが、この採掘規制は加工工場にも大きな影響を及ぼしています。
そうでなくても、コストがかかりロスの多いビーズ(粒)の加工を減らし、ルースや彫り物にシフトしている現状ですので、同じようなオーダーは受けてくれないことは明確です。

ルチルクォーツは、ルチルの太さ・色み・光沢・水晶のクリアさがとても重要です。
この全てが最高レベルで揃った時にプレミアムとなりますが、そこに大玉という希少性がプラスされたものはプレミアムを超えた存在になるのではないかと思っています。

1〜6のプレミアムポイントを満たすことができた、最高峰の中の最高峰のjí(ジン)タイチンルチルクォーツをご紹介致します。

リピートは先ず出来ない逸品になりますので、当店が絶対的な自信を持ってご紹介出来る、家宝としてお持ちになっていただきたい最高峰の中の最高峰のルチルクォーツブレスレットです。


販売価格:ASK


本物の証明「鑑別書」を必ず付けます

当ショップでは、ニセ物を仕入れないように、あらゆる手を尽くしておりますが、”あえて”、プレミアムフォーチュネイトルチルをお買い上げくださったお客様には「鑑別書」をお付けしています。





プレミアムフォーチュネイトルチルはどこにこだわっているからプレミアムなのか、どこのポイントでプレミアムになるのか、画像ではわかりづらい部分もあるかと思います。

そこでご紹介致します。

当ショップのプレミアムフォーチュネイトルチル6つの基準!!

1:傑作であるかどうか

プレミアムフォーチュネイトルチルのブレスレットは、1粒1粒厳選したプレミアム品質のルチルクォーツだけで作られています。
プレミアム品質のブレスレットを数本使用して、組み直したブレスレットをベースに、 そこからさらに統一性を上げるため、粒で合ったものを探し出し、職人のように強いこだわりを持って丁寧に完成させていきます。
高額なルチルのブレスレットを買い付けてきただけでは、真のプレミアムフォーチュネイトルチルにはなりません。
透明度・輝き・太さ・色み、この4つの要素のバランスが最高の状態で統一された時、完成度の高い傑作となり、プレミアムフォーチュネイトルチルになります。

2:透明感が抜群と言えるものかどうか

ルチルクォーツは水晶の仲間になります。
その為、水晶の透明感はプレミアムルチルを選ぶ上でとても重要な要素となります。
針が多少少なくても、透明感抜群のものは評価されます。
無色透明の水晶に限りなく近いもので、これは抜群と言えるものはプレミアムの称号を与えております。

3:針(線)の輝きが抜群かどうか

ルチルクォーツは針水晶と言われておりますので、その針が輝いているかどうかはとても重要です。
当ショップのプレミアムルチルはその輝きを追求し1粒1粒選び抜いた石のみで構成されているもののみに称号を与えております。

4:金線の太さがあるかどうか

太針=タイチンルチルはルチルクォーツの評価をする際に最も重要視される部分になります。
太針と透明感、太針と輝き、このような組み合わせになった時に当ショップではプレミアムの称号を与えております。

5:色みの濃さがあるかどうか

金針ルチルクォーツのみならず、他のルチルクォーツにも言えますが、色みが濃いかどうかは評価をする際にとても重要な要素になります。
濃いものは金額が高いのはもちろんですが、そこに、透明感や、太さなどが加味された際に当ショップではプレミアムの称号を与えております。

6:希少性があり、リピート困難なものかどうか

ここ数年、ルチルクォーツの価格がどんどん高騰しており、過去に確認することが出来たルチルクォーツも、今では見られなくなってきております。
その中で、今後見つけるのが困難になるであろうルチルには、希少性という付加価値が付き、お値段も割高になります。
そうなる前に当ショップでは、リピート困難な希少性抜群のルチルクォーツにはプレミアムの称号を与えております。
この金額でのリピートはまず難しいといえるルチルクォーツを掲載しておりますので、購入できた方はとてもお買い得です。


上記6点を総合的に判断し、プレミアムルチルとして掲載させて頂いておりますが、これらのルチルはどれも次を見つけるのは簡単ではありません。
毎月必ずあるわけではなく、出会えた時がタイミングだと思い仕入れをしております。

欲しい時に見つからないからこそ、当ショップでは数多くのプレミアムルチルを事前に保有しているのです。

また、掲載品そのもので買い付けできるわけではなく、ブレスレットであれば、1粒1粒選び抜いて時間をかけて厳選した後にやっと、商品として並んでいるからです。


もしかしたら次はもう見つからないかもしれません。

それだけ、良質なルチルクォーツの数がどんどん減ってきております。

そして、その状況も多くの方が気付きはじめております。
なぜなら、どこにでもあったルチルが、今はいろんなお店で探しても各店1つか2つしかなく、比較さえも許されなくなってきております。

良質なものにこだわる方には、是非当ショップのプレミアムルチルがおすすめです。

お値段、品質、共に自信ありです!!

今はブレスレットを掲載できておりますが、今後もっと数が減れば、ブレスレットではなく、小さいルースなどにシフトしていくかもしれません。

もし良質なルチルクォーツのブレスレットを探されていらっしゃる方は、今がタイミングかもしれません。

是非当ショップ自信の選び抜かれたルチルを見てお楽しみ頂ければと思います。

【最高峰の中の最高峰】プレミアムS jí(ジン)タイチンルチルクォーツ 20mm〜20.5mm玉 ブレスレット(型番spfr000)[手首サイズ19cm]








プレミアムポイント

1)20mmを超える大玉であること
2)透明度が抜群であること
3)水晶がクリアであり、ルチルクォーツ特有のスモーキー色の珠が無いこと
(水晶ベースの珠だけで集めていること)
4)極太のルチルだけでブレスレットを組み上げたこと
全ての珠が、タイチン(太針)よりもさらに太い、jí(ジン)タイチン(極太針)になっている
5)jí(ジン)タイチンになっていることで、光が強く反射し、ギラギラとした輝きを放つこと
6)このブレスレットを組み上げる為に、工場で一粒ずつ特別なオーダーが出来た事
7)1〜6のプレミアムポイントを満たすことが、今後不可能に近い事

ルチルクォーツの原石の多くは、水晶部分の色がスモーキーになっています。

上の画像の原石をご覧になっていただけるとわかるかと思いますが、スモーキーになっていると思います。

今回のブレスレットは、水晶部分が無色透明な原石からしか作り出すことが出来ない珠のみで製作したブレスレットです。
比較的小さめなブレスレットでさえ、無色透明な珠で揃えたブレスレットを製作するのが難しい中、今回のブレスレットは20mmを超えた大玉であり、ここまで水晶部分が無色透明ということが希少で評価に値しています。
この無色透明な水晶の中に、ゴールドタイチンルチルが入っている珠だけで揃える事は、本当に大変です。また、色味が揃っている事により、上品で高級感のあるブレスレットに仕上がっています。

中国ではタイチン(太針)ルチルクォーツよりも更に太いタイチンルチルクォーツを指して、ジンタイチン(极太针jítàiZhēn)ルチルクォーツと呼んでいます。
极太针を日本語で翻訳すると『極太針』という読み方になります。まさに今回のプレミアムはこのジンタイチンルチルクォーツになります。

ジンタイチンルチルクォーツは、ルチルクォーツの最高峰に位置する品質です。産出量が極めて少なく、中国では大富豪の象徴の石として中国人富裕層に優先的に買い付けられてしまう為、通常の買い付けルートでの入手は不可能です。

では何故、当店でこの超希少なジンタイチンルチルクォーツを入手できているのか理由をご説明いたしますと、ルチルクォーツを加工している工場と提携している事にあります。
広大な国土面積を誇る中国の中から、ルチルクォーツを加工している工場を見つけ出すことは困難ですが、長年の中国買い付けを通じて、偶然工場のオーナーの方と知り合う機会が出来ました。
そこから良好な関係を築いていき、5年目の付き合いにして、出荷前のルチルクォーツを優先して見せてもらう事ができたからです。

ですが、こちらのブレスレットは、組み上がっているものを見せてもらい買い付けて来た訳ではなく、当店で、これまで最高峰ルチルクォーツブレスレットとしてご紹介していたブレスレットが旅立ち、その後継となる20mmサイズのブレスレットを製作する為、加工工場に一珠ずつ特別なオーダーで依頼して、作り上げていったブレスレットになります。

日本で、これまで誰も見た事がないような、最高峰ルチルクォーツブレスレットを誕生させたいという強い思いがあり、無理を言って一珠ずつ特別なオーダーで揃えていきました。

今後、このブレスレットと同等のもの、もしくはそれ以上のものを作り上げることは不可能だと思っています。

2018年の旧正月明けから、ルチルクォーツの原石にも採掘規制がかかってしまったという情報を提携の工場から入手しており、6月の買い付けでの現状として、ルチルクォーツの価格は急上昇しております。
当然ですが、この採掘規制は加工工場にも大きな影響を及ぼしています。
そうでなくても、コストがかかりロスの多いビーズ(粒)の加工を減らし、ルースや彫り物にシフトしている現状ですので、同じようなオーダーは受けてくれないことは明確です。

ルチルクォーツは、ルチルの太さ・色み・光沢・水晶のクリアさがとても重要です。
この全てが最高レベルで揃った時にプレミアムとなりますが、そこに大玉という希少性がプラスされたものはプレミアムを超えた存在になるのではないかと思っています。

1〜6のプレミアムポイントを満たすことができた、最高峰の中の最高峰のjí(ジン)タイチンルチルクォーツをご紹介致します。

リピートは先ず出来ない逸品になりますので、当店が絶対的な自信を持ってご紹介出来る、家宝としてお持ちになっていただきたい最高峰の中の最高峰のルチルクォーツブレスレットです。


販売価格:ASK


本物の証明「鑑別書」を必ず付けます

当ショップでは、ニセ物を仕入れないように、あらゆる手を尽くしておりますが、”あえて”、プレミアムフォーチュネイトルチルをお買い上げくださったお客様には「鑑別書」をお付けしています。



プレミアムフォーチュネイトルチルはどこにこだわっているからプレミアムなのか、どこのポイントでプレミアムになるのか、画像ではわかりづらい部分もあるかと思います。

そこでご紹介致します。

当ショップのプレミアムフォーチュネイトルチル6つの基準!!

1:傑作であるかどうか

プレミアムフォーチュネイトルチルのブレスレットは、1粒1粒厳選したプレミアム品質のルチルだけで作られています。
プレミアム品質のブレスレットを数本使用して、組み直したブレスレットをベースに、 そこからさらに統一性を上げるため、粒で合ったものを探し出し、職人ように強いこだわりを持って丁寧に完成させていきます。
高額なルチルのブレスレットを買い付けてきただけでは、真のプレミアムフォーチュネイトルチルにはなりません。
透明度・輝き・太さ・色み、この4つの要素のバランスが最高の状態で統一された時、完成度の高い傑作となり、プレミアムフォーチュネイトルチルになります。

2:透明感が抜群と言えるものかどうか

ルチルクォーツは水晶の仲間になります。
その為、水晶の透明感はプレミアムルチルを選ぶ上でとても重要な要素となります。
針が多少少なくても、透明感抜群のものは評価されます。
無色透明の水晶に限りなく近いもので、これは抜群と言えるものはプレミアムの称号を与えております。

3:針(線)の輝きが抜群かどうか

ルチルクォーツは針水晶と言われておりますので、その針が輝いているかどうかはとても重要です。
当ショップのプレミアムルチルはその輝きを追求し1粒1粒選び抜いた石のみで構成されているもののみに称号を与えております。

4:金線の太さがあるかどうか

太針=タイチンルチルはルチルクォーツの評価をする際に最も重要視される部分になります。
太針と透明感、太針と輝き、このような組み合わせになった時に当ショップではプレミアムの称号を与えております。

5:色みの濃さがあるかどうか

金針ルチルクォーツのみならず、他のルチルクォーツにも言えますが、色みが濃いかどうかは評価をする際にとても重要な要素になります。
濃いものは金額が高いのはもちろんですが、そこに、透明感や、太さなどが加味された際に当ショップではプレミアムの称号を与えております。

6:希少性があり、リピート困難なものかどうか

ここ数年、ルチルクォーツの価格がどんどん高騰しており、過去に確認することが出来たルチルクォーツも、今では見られなくなってきております。
その中で、今後見つけるのが困難になるであろうルチルクォーツには、希少性という付加価値が付き、お値段も割高になります。
そうなる前に当ショップでは、リピート困難な希少性抜群のルチルクォーツにはプレミアムの称号を与えております。
この金額でのリピートはまず難しいといえるルチルクォーツを掲載しておりますので、購入できた方はとてもお買い得です。


上記6点を総合的に判断し、プレミアムルチルとして掲載させて頂いておりますが、これらのルチルクォーツはどれも次を見つけるのは簡単ではありません。
毎月必ずあるわけではなく、出会えた時がタイミングだと思い仕入れをしております。

欲しい時に見つからないからこそ、当ショップでは数多くのプレミアムルチルを事前に保有しているのです。

また、掲載品そのもので買い付けできるわけではなく、ブレスレットであれば、1粒1粒選び抜いて時間をかけて厳選した後にやっと、商品として並んでいるからです。


もしかしたら次はもう見つからないかもしれません。

それだけ、良質なルチルクォーツの数がどんどん減ってきております。

そして、その状況も多くの方が気付きはじめております。
なぜなら、どこにでもあったルチルクォーツが、今はいろんなお店で探しても各店1つか2つしかなく、比較さえも許されなくなってきております。

良質なものにこだわる方には、是非当ショップのプレミアムルチルがおすすめです。

お値段、品質、共に自信ありです!!

今はブレスレットを掲載できておりますが、今後もっと数が減れば、ブレスレットではなく、小さいルースなどにシフトしていくかもしれません。

もし良質なルチルクォーツのブレスレットを探されていらっしゃる方は、今がタイミングかもしれません。

是非当ショップ自信の選び抜かれたルチルを見てお楽しみ頂ければと思います。



▲ページトップへ

totop