ゴールドルチルクォーツの詳細はこちら


半貴石で最も美しい
ゴールドルチルクォーツの輝き

大きくて高品質のゴールドルチルクォーツブレスレットは、ルチルクォーツがお好きな方の憧れでもありますが、大変高価なお買い物になります。
それだけに、迫力のあるゴールドルチルクォーツブレスレットの輝きがもたらす幸福感は計り知れません。
ルチルクォーツ専門店として、お客様には品質に妥協することなく、心の底から満足のいく大きなゴールドルチルクォーツブレスレットを選んでいただきたい。
その為には、少しでもお客様の経済的な負担を軽減しなくてはいけないと考えました。
提携先のルチルクォーツ加工工場と価格の交渉を重ね、コストを抑えての買い付けが実現できた事で、国内市場の相場よりもお安く高品質ブレスレットをご提供することが可能となりました。

【秘蔵写真】ルチルクォーツ加工工場の様子の作業場
【秘蔵写真】ルチルクォーツ加工工場の作業場 ※特別に許可を得て撮影しています。

提携しているこちらの工場は、ビーズ(玉)の加工技術がどの工場よりもずば抜けております。
一玉一玉丁寧且つ情熱を注がれて加工されたビーズは、表面の照りや艶が別格です。

当店のどこよりも美しく綺麗なゴールドルチルクォーツブレスレットは、こちらの工場から誕生しています。

【秘蔵写真】加工前の極上ルチルクォーツ原石の画像
【秘蔵写真】加工前の極上ルチルクォーツ原石
大きな塊の極上原石にもなると数千万円の値段が付きます。


【秘蔵写真】加工直後の高品質粒の画像
【秘蔵写真】加工直後の高品質粒

私自身がルチルクォーツの熱狂的なファンであり、追求と追究で一番下の品質から一番上の品質まで、ルチルクォーツの全てを見てきましたので、品質基準は誰より厳しいと思います。
その私が綺麗だと判断したものだけを買い付けてきておりますので、自信を持ってご紹介しております。

詳細画像も是非拡大してご覧になってみてください。素晴らしい水晶の透明感も確認できるはずです。
撮影時の背景色や、被写体との距離感によって水晶の透明度を高く見せる事は可能ですが、私のこだわりとして黒背景・近距離撮影を徹底しています。
ルチルがどれだけ輝いているかも品質評価の大事なポイントですが、水晶の中に取り込まれた鉱物がルチルですので、水晶の透明感なくして高品質を語れません。

こちらの特集ページでご紹介しておりますブレスレットは、工場で10%程度しか組み上げることができない入手が難しい高品質ブレスレットです。
また、工場に無理を言いルチルの内包量も条件に加えて特注しています。
玉のサイズが大きくて品質が良く、ルチルも一杯内包されている満足感のあるブレスレットは、大変希少であり価値があります。
これだけの条件が揃ったブレスレットであれば通常リーズナブルなお値段になることはありません。
まさに夢のようなブレスレットです。
ルチルクォーツ専門店の高い基準で選ばれたワンランク上の高品質という階級になりますので、高品質+(プラス)セレクションと表記しています。

品質に妥協することなく、運命の一本と巡り合っていただきたいと思います。




2018年の旧正月明けに原石規制の情報を入手して以降、急激に良いものがどんどん減ってきています。
現状の中国の天然石市場の状況から推測すると、数年後にはご紹介できなくなる種類や品質が増えていると思います。

ルチルクォーツの厳しい現状の画像
【真実】ルチルクォーツの厳しい現状
かつて栄えていた中国の天然石市場も衰退の一途を辿っています。 この通りには多くのルチルクォーツを取り扱っている店舗があり賑わっていましたが、現在はシャッター通り化しています。


中国国内でも高い人気を誇るルチルクォーツですが、生産者の負担は大きく、内情は過酷です。
一つの原石から加工出来る高品質な粒は全体の1割程度で、残りの9割は中間品質〜低品質な粒にしかできません。
工場の維持費や人件費も考えると原石から粒を加工しただけで赤字になり、高品質な粒で組まれたブレスレットを製作するだけで多大なコストを必要とします。
高品質ブレスレットは値段を高くしてでも手元に残してゆっくりと販売し、中間品質や低品質ブレスレットは極端に安くして資金に換えていく事で操業を続けていましたが、原石の急激な高騰がそのサイクルを壊しました。
その急激な高騰の背景には、資金力のある大企業同士の原石の取り合いによる、値段の吊り上げが影響しています。
他社よりも高く上質な原石を買い付けようとする競り合いにより、原石の高騰に歯止めが効かなくなっています。
原石の競り合いについていけない工場では、その打開策として、原石のロスが少なく、香港や台湾の大企業に高く売れる彫り物やルースへの加工にシフトしています。
ですが、設備の問題や職人の技術力の問題でシフトすることが出来ない工場もあり、その様な工場は廃業を余儀なくされるか、需要が少ないため競争率の低い別の天然石加工にシフトしなければなりません。
そのような状況に拍車をかけて原石に規制がかかり、生産者は悲鳴を上げています。
強者しか生き残る事ができない弱肉強食の市場になってしまった事により、市場は冷え込み、その結果がシャッター通り化につながっていきます。




大きくて高品質のゴールドルチルクォーツブレスレットを製作する為には、多大なコストを必要とする事ががお分かりいただけたかと思います。

こちらの特集ページでご紹介しているブレスレットは、工場で特注している高品質12ミリアップブレスレットです。
原石のロスが多くコストのかかる粒加工ですが、加工の際に出た端材をさざれ石にして、まとめて買い付ける事でコストを大きく抑える事が出来ました。

ルチルクォーツの厳しい現状の画像
端材から出来たルチルクォーツさざれ石

また、それらのさざれ石を工場内でストックしておりますので、さざれ石を大量に発注することも可能です。
大量のさざれ石を必要としているお客様は、お気軽にご相談くださいませ。



高品質ルチルクォーツの高騰は避けられない問題でもありますが、半年もしない間に買い付け値段が前回よりも大幅に上がってしまっているなど、私の想像を超える速さで深刻度を増しています。 今後、国内市場の高品質ルチルクォーツの相場も必然的に上がっていくことが容易に想像できます。
ルチルクォーツの需要は日本だけではありませんので、世界規模で考えると良い物の取り合いになっています。
天然の資源ですので、良い物が品薄になるのは必然的な結果です。

この記事をお読みいただき、日々のルチルクォーツとの出逢いを改めて大事にしていただけるきっかけとなりましたら幸いです。



※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

SHOW ROOM

店舗にて実物をご覧いただくことも可能です。
お気軽にお立ち寄りください。


店舗所在地

〒342-0038 埼玉県吉川市美南2ー16ー8
吉川美南駅 西口より徒歩7分

道順ガイド

営業日